正しい背中ケア

保湿アイテムを使って保湿をしても背中ニキビがよくならない場合、保湿アイテムを使う段階のお風呂で、正しい背中ケアができていないからかもしれません。ここからは、正しい背中のスキンケアのポイントをいくつかお話します。

お風呂正しい背中のスキンケアは、お風呂での洗い方が大切になってきます。ポイントとして、まずはお湯の温度です。適温は38℃~40℃になります。熱いお湯で洗うのが好きな方もいると思いますが、熱いお湯を背中にかけると皮膚が溶けてしまい、必要な皮脂も流れてしまうのです。そのためお肌の油分が不足してしまい、乾燥を招きます。また、お湯の温度は適温でも、長くお風呂に入ってしまうと意味がありません。時間が長ければ長いほど皮脂が溶けてしまうので、20分以上の長風呂は控えましょう。

次に、背中を洗うときはゴシゴシこすらないことです。背中が乾燥しているとかゆみも感じやすく、ついついゴシゴシこすってしまう方もいるでしょう。しかし、肌をゴシゴシこすってしまうと表面の角質層を傷つけてしまいます。そして、本来ならまだ剥がれる予定ではなかった角質が剥がれてしまい、肌に水分を保持する力も弱くなります。それが結果的に乾燥に繋がるのです。背中を洗うときは、「汗を流す程度」と考え、汚れや垢を洗い落とすイメージで、優しくなでるように洗いましょう。

また、背中ニキビができているときはお肌も弱っているので、洗浄力の弱いお肌に優しい石鹸を使うのもおすすめです。皮脂や古い角質を落とそうとして洗浄力の強いものを使っている方もいるかもしれませんが、洗浄力の強い石鹸は皮脂を過剰に流してしまいます。そのため乾燥しやすく、皮膚が過剰分泌されてまたニキビができてしまうのです。

洗浄力の弱い石鹸で優しく洗えたら、しっかりとすすぎましょう。すすぎ残しは、体から落ちた汚れや皮脂が含まれた泡を流しきれてないということなので、肌荒れの原因へと直接繋がります。また、髪の毛のすすぎ残しも背中に残りやすく、ニキビができやすくなってしまうので、全身きちんとすすぎましょう。

日頃のお風呂での背中ケアとお風呂上りの保湿を組み合わせることで、ニキビをより速く治すことができ、さらに続ければニキビのできにくい健康な肌を保つことができます。

保湿アイテムの選び方

背中のスキンケアの中でも、大切なのが保湿です。背中ニキビは、乾燥が原因でできてしまうことも多くあるからです。「皮脂が多いのに乾燥するの?」と思う方もいるかもしれませんが、背中は皮脂が多い半面、皮膚が分厚いので乾燥しやすい場所でもあるのです。また、乾燥しているために皮脂を過剰分泌してしまい、結果的に皮脂が多くなってニキビができてしまうというケースもあります。

背中の保湿スキンケアは、顔のスキンケア同様、お風呂上りにするのが効果的です。また保湿アイテムは、背中に合ったものを選びましょう。顔とは皮膚の厚さが違うので、顔と同じものを使ってもあまり効果が発揮されない可能性があるためです。

背中の保湿アイテムを選ぶポイントを挙げます。まずは油分やアルコールが入っていないものを選ぶといいでしょう。皮脂が過剰分泌されている場合は特に、油分なしでお肌を保湿できるものがいいです。ただ油分がないとすぐに蒸発して乾燥を招く可能性もあるので、保湿ジェルがおすすめです。保湿ジェルなら、油分があまり入っていないうえに蒸発を防いでくれます。アルコールも同様、揮発性が高いため肌の水分まで一緒に蒸発させてしまうので、アルコールフリーのものを選びましょう。

また、背中は皮膚が分厚いので、皮膚の奥まで保湿成分が届くような浸透性に優れていることもポイントです。

さらに、抗菌・抗炎症作用があったり、低刺激・敏感肌用のものを選ぶと、背中ニキビの原因そのものを除去してくれたり、お肌にあまり刺激を与えずにケアすることができます。

最近では、背中ニキビの特徴に注目して作られた背中専用のスキンケアアイテムも販売されているので、それを使ってみるのもおすすめです

良い保湿アイテムが見つかったら、さっそくお風呂上りに塗ってみましょう。背中は手が届きにくいので家族など他の人に塗ってもらうのが一番です。しかし一人暮らしなどで塗ってもらう人がいないという場合は、孫の手や物差し、ラップの芯など長さのあるものを使って塗るのがおすすめです。ちょうどいい長さのものが見つかったら、先端にラップを巻きつけ、そこに保湿アイテムをのせて背中に伸ばしていくと衛生的にも安心です。

背中にもスキンケアを

背中ニキビ体の中でも皮脂や汗の分泌が多く、ニキビができやすい背中。背中ニキビは一度できてしまうと繰り返しやすく、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?背中ニキビを治すには、ニキビができる原因を知り、適切なスキンケアをする必要があります。

背中ニキビはどうしてできてしまうのでしょうか?その大きな原因は、「皮脂の詰まり」です。前途の通り、背中は皮脂や汗の分泌が多い場所でもあります。また、衣服によって肌が蒸されている状態になるので、余計皮脂が溜まりやすくなってしまいます。さらに背中は、顔に比べて皮膚が厚いです。そのため汚れも溜まりやすくなってしまい、また綺麗な状態に治すのにも時間がかかります。

背中ニキビを治すためには、肌を健康な状態に戻すことが必要です。ニキビができている肌は、皮脂や汚れ、古い角質が溜まっていることで肌の新陳代謝がきちんと行われず、不健康な状態になってしまっています。皮膚を新しく作って、古い皮膚を外側に剥がしていく健康な状態に戻すためには、背中のスキンケアが大切なのです。

背中は顔と違って、鏡で見ることは少ないですよね。そのため背中ニキビに気づかず、気づいた時には悪化してニキビが大きくなっていた、なんてこともよくあります。また、大きなニキビができてしまうと、ニキビ跡もできやすくなってしまいます。背中も顔と同じように肌の状態をチェックしながら、綺麗なお肌を保てるように、背中ニキビを防ぎましょう。

ここからは、そんな背中ニキビを防ぐためのスキンケアについて、詳しくお話していきます。