正しい背中ケア

Pocket

保湿アイテムを使って保湿をしても背中ニキビがよくならない場合、保湿アイテムを使う段階のお風呂で、正しい背中ケアができていないからかもしれません。ここからは、正しい背中のスキンケアのポイントをいくつかお話します。

お風呂正しい背中のスキンケアは、お風呂での洗い方が大切になってきます。ポイントとして、まずはお湯の温度です。適温は38℃~40℃になります。熱いお湯で洗うのが好きな方もいると思いますが、熱いお湯を背中にかけると皮膚が溶けてしまい、必要な皮脂も流れてしまうのです。そのためお肌の油分が不足してしまい、乾燥を招きます。また、お湯の温度は適温でも、長くお風呂に入ってしまうと意味がありません。時間が長ければ長いほど皮脂が溶けてしまうので、20分以上の長風呂は控えましょう。

次に、背中を洗うときはゴシゴシこすらないことです。背中が乾燥しているとかゆみも感じやすく、ついついゴシゴシこすってしまう方もいるでしょう。しかし、肌をゴシゴシこすってしまうと表面の角質層を傷つけてしまいます。そして、本来ならまだ剥がれる予定ではなかった角質が剥がれてしまい、肌に水分を保持する力も弱くなります。それが結果的に乾燥に繋がるのです。背中を洗うときは、「汗を流す程度」と考え、汚れや垢を洗い落とすイメージで、優しくなでるように洗いましょう。

また、背中ニキビができているときはお肌も弱っているので、洗浄力の弱いお肌に優しい石鹸を使うのもおすすめです。皮脂や古い角質を落とそうとして洗浄力の強いものを使っている方もいるかもしれませんが、洗浄力の強い石鹸は皮脂を過剰に流してしまいます。そのため乾燥しやすく、皮膚が過剰分泌されてまたニキビができてしまうのです。

洗浄力の弱い石鹸で優しく洗えたら、しっかりとすすぎましょう。すすぎ残しは、体から落ちた汚れや皮脂が含まれた泡を流しきれてないということなので、肌荒れの原因へと直接繋がります。また、髪の毛のすすぎ残しも背中に残りやすく、ニキビができやすくなってしまうので、全身きちんとすすぎましょう。

日頃のお風呂での背中ケアとお風呂上りの保湿を組み合わせることで、ニキビをより速く治すことができ、さらに続ければニキビのできにくい健康な肌を保つことができます。